2012年06月10日

天理対関学

日曜、神戸ユニバで天理対関学を観戦しました。

結果は14対24で、関学の勝利でした。
誰から誰にわたってトライというのは関学HPに記述有りなので省略します。

<天理メンバー>
前の週の立命戦でCTBLバイフ君が怪我、SH山本君、WTBM宮前君は教育実習?で欠場でした。
CTBLには明治戦、近鉄戦でWTBJだったモセセ君が入っていました。

<関学のメンバー>
関学は去年のAメンバーのLO、NOG徳永君、HO、PR金(寛)君がU20で欠場でした。

<試合の様子>
開始早々に、関学陣天理ボールスクラムから1次攻撃でモセセ君がタックルもされずあっさりトライ。
しかし、以後はサイズで上回る関学FWの圧力を受け、天理陣での戦いがほとんどの試合展開。
ゴール前スクラムやラックサイドからのトライを許します。

前半終了間際にセンター付近のスクラムから、これも1次攻撃でFB塚本君が2対2左タッチライン際にスワーブをかけ抜き気味に走り、内についたWTBJ石川君にパスしそのままポスト下にトライで、14対17で前半終了でした。

ボール支配率、陣地、スクラムとも関学がかなり優勢でしたが、天理が少ないチャンスをものにした前半でした。

ハーフタイムで天理がSOを変えましたが、後半12分で負傷し、代わりに控えのSHを入れる状態となり、後半は得点できませんでした。
結果は14対24で関学の勝利でした。

試合展開からすると、関学にもう少し点が入ってもという感じでしたが、
後半、関学SOに内に切られ1本獲られた以外は、天理がカバーDFでなんとか凌いでいました。

<関学の印象>
FWはなかなかの圧力が強い感じです。
BKはセットからの1次攻撃であっさりとられるのは、何か原因があるんでしょうね。
ここ何年かの対戦でも、同志社のSO森田君、橋野君などがしかけてあっさりトライが取れた場面を思い出しました。

<天理の印象>
小さいFWですがDFは今年もしぶとい感じです。
ただFWの攻撃で前に出られるのは、この試合ではPR@の芳野君ぐらいのようでした。
BKは、メンバーが揃ったら今年も脅威だと思います。

http://d-support-network.net/college.html

posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2012年06月09日

立命対近大

土曜は皇子山で、立命館大対近畿大を見てきました。

15対12で、立命が勝ちました。
誰から誰にわたってトライというのは立命、近大双方のHPに出ているので省略します。

<立命の戦い方>
セットプレーから2度3度FWで縦を突いて、それから展開と昨年と同じ感じでした。
ただ、その展開の時がオープンサイドのみならず、ショートサイドの時も、タッチライン寄りで勝負する事がやや多かったように感じました。
また、無理に継続せず、2次3次攻撃位までで突破できない時は、キックで陣地を取りに行っていました。

<近畿大の戦い方>
基本は、ボールを動かしていこうとするスタイルに見えました。

<試合の流れ>
前半は、キックでやや立命が蹴り勝ちで、モール攻撃などもからめていましたが、近大はモールからの直接トライは防いでいました。
ラックサイドをついてのトライと、攻撃している側と反対のWTBMがノーマークになってる所をキックパスでトライを奪っての2トライで10対0でした。

後半は、立命はリザーブ選手を早めに投入。(選手のセレクション的意味かな?)
近大は、SHやCTBLを後半初めから入れ替えてテンポアップを図っているように見えました。
後半は、近大が動かしてのトライ1本と、双方がモールトライ各1本ずつでした。

試合の最終盤は、近大のテンポアップした攻撃に立命のDFが遅れ気味でしたが、逆転はされずに15対12で試合終了でした。

近大では、CTBK小林広人君が今日も何本かラインブレイクしていました。
立命はHO庭井君などが強さを見せていました。
ただ、LOの宇佐美君はU20で、又京産大戦3T、天理大戦1Tと活躍した吉原君が怪我?で欠場で、立命のバックスリーの決定力は、昨日の試合に限っては、それほどでもなかったように思います。

お互いに結構キックを使ったので、手堅い試合展開で点差も僅差になりました。
ただ1つ驚きだったのが、スクラムは試合を通して近大が優勢で、立命がコラプシングやアングルの反則など取られていたのが、去年までのイメージからすると意外でした。

http://d-support-network.net/college.html

posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2012年05月27日

近大対東海大、近鉄対天理

日曜日は近畿大対東海大の定期戦(近大G)、近鉄B?(若手が大半、立命、近大、摂南、大体のOB等)対天理大(SH山本、WTB宮前君は教育実習?のため不在)をはしごして観戦してきました。

試合結果は、
近大B対東海Bが40対43(前半7対19、後半33対24)
近大A対東海Aが19対43(前半0対21、後半19対22)

近鉄対天理Aが15対15(前半15対0、後半0対15)でした。

近大・東海大B戦では近大CTB小林広人君(大阪桐蔭)が後半途中から出場し、再三ラインブレイクしトライに繋げてました。
昨年の開幕戦も1年生ながら同志社戦に出場してた選手です。
この日はなぜかB戦での後半途中出場でしたが、先日の大阪体育大A戦でも、再三ラインブレイクしていたらしいです。

近大・東海大A戦は、東海CTBL百武君(筑紫)が腰の強いランで近大のタックルをふりほどき防禦裏に出て、その後の接点で近大が下がりながら、追っかけながらのDFになりオフサイド、ノットロールアウェイなどの反則、ゴール前ラインアウトモールで失点という流れで、前半は0対15と差がつきました。

後半は、BKライン攻撃の中で、近大CTB屋根田君等がボールをもらう時にアングルをつけてもらい、そのままトライという場面もありました。

後半12対26位までしか観戦していませんが、システム崩壊というより、個々のタックルが東海のアタックにある程度破られた結果が、最終の得点差になったと思います。

近鉄対天理は、前半は近鉄が陣地をしっかりとれるキック以外はキックを蹴らず、ライン攻撃のスピードは無いものの、バチバチ当たって行き、最後は外で仕留める感じで、陣地もほぼ天理陣で攻撃していました。
後半途中で、近鉄側がメンバーを少し入れ替えたあたりで、天理の攻撃のテンポが上がり、天理WTB松井君、FB塚本君のトライで追いつき、15対15と引き分けでした。

天理のWTBJモセセ君、タックル強烈で、体大出身の檀辻君がしばらくうずくまる場面も。
体格は小柄ですが、体幹はかなり強そうです。

http://d-support-network.net/college.html

posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記

2012年05月20日

摂南大対京産大

20日は京産大神山Gでの観戦でした。

得点経過は7対0、14対0、21対0、28対0、28対7で前半終了。
28対12、28対19、35対19、35対26、35対33で、摂南大勝利で試合終了でした。

摂南大は、前半はLOCカウバカ・コンスタンチン君、FLFセコナ・トプイ君、
後半は、カウバカ君が下がり、CTBKにカトア・シオネ君が入る布陣。

開始早々からトプイ君の突破等留学生パワー炸裂で4本連続トライ。
留学生以外でも、スクラムは常に摂南が押したり回したりとコントロールしていました。
また、ラインアウトも京産ボールを幾度となく奪っていました。
摂南大は、ラインブレイクした後の攻撃の精度がやや低く、2本か3本はトライをとり損ねてた印象です。

京産大の前半のトライは、摂南BKが背走気味で高く上がったボールをキャッチミス、それを追ってきた京産選手がキャッチしてインゴールまで走りトライと、ある程度ラッキーなものでした。

後半は、留学生が1人入れ替わったせいか、キックやパス主体の攻撃に変わり、摂南に前半の勢いが無くなりました。
運動量の落ちない京産大より先に足が止まりだし、反則が増え、自陣ゴールラインを背負う事が多くなり、最終的には接戦のスコアとなりました。

あと、B戦途中までしか観戦してないのですが、もう1人の新留学生フェツアニ・ラウタイミ君も、走るスピードと当たりがある程度強く、摂南大にとっては攻撃面では頼りになる選手になりそうです。

それと、B戦で、沖縄の具志川高出身の大城君という選手が結構相手DFを抜いていました。
来週、同志社は摂南B、Cと練習試合がありますが、B戦新留学生が出てきたら止められるか少し心配です。

http://d-support-network.net/college.html

posted by DSN at 00:00| 観戦記

2012年05月13日

関西学院対青山学院

13日、関学Gへ観戦に行ってきました
日差しが暑く感じられ、ウオーターブレイクも何度かとられた試合でした。
青学は、下位とはいえ関東対抗戦A所属という事で、関学との接戦を期待しましたが・・・・

前半27対5、後半35対0のトータル62対5で関学の圧勝でした。
(トライの内容は関学HPに載っているので省略します)

関学のトライは、BK6本、FW4本とバランス良くとれ、1失トライはゴール前ラインアウトモールによるものでした。
関学の攻撃は、青学DFが甘いのか、BKの1次攻撃でそのままトライ、また、ゴール前ラックサイドを2度3度ついても取れる状態でした。

前半は決定的場面でノックオンやトライ後のコンバージョンが5本中1本のみ成功で、内容ほど点差は開きませんでしたが、敵陣でのDF時に、時折BKで抜かれる事はあるものの、そこからゴールラインまでの相手攻撃が停滞してピンチを凌ぐという感じでした。
そのピンチも数は少なかったです。

DFのシステムはどうか解りませんが、タックル時相手の芯に入れているタックルが京産戦同様多かった印象です。
接点でのターンオーバーも数えていませんが、5回か6回あったような印象です。
アタック時は、タックルされてから結構ドライブ出来ていたような気がします。

今後、U20のメンバーで、去年AチームのLO、NOG徳永君、HO、PR金(寛)君なども入ってくると思うので、FWもなかなか強敵になるかも。
しかし、青学はラグビー強豪校出身者多数いるように思うのですが・・・

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記

2012年04月29日

京産対大体

<得点経過>
7対0、7対7、7対14、7対21前半終了。
14対21、14対28、21対28、26対28、26対33、26対40で大体大勝利で試合終了。

<トライの内訳>
京産
WTBMからFB山下楽平君、WTBJ増田君と渡ってのトライ。
体大のキックをキャッチしたFB山下君のカウンターのランでハーフウェイからインゴールまで1人で走りきってのトライ。
22m内のラックサイドをFW?が突いてのトライ。
22mライン位からモールを押し込んでのトライ、4本。

大阪体育大
BK展開でCTBK?のトライ。
BK展開でWTBMのトライ。
ラックサイドをFWで2度3度突いてのトライ。
5mライン付近京産ボールスクラムを押し込んでのトライ。
22mライン付近からのラインアウトモールでのトライ。
10メートルライン中央位をLOD?がぶち抜き、そのまま縦に走りきってのトライ、6本。

<試合の感想>
FW、BK共1人1人の強さは完全に体大が上。
でも、前に出てつなぐ間にパスが受ける選手の後ろへのパスになったりと、当たりの優勢を活かしきれてませんでした。
また、体大のキックが甘く、京産FB山下楽平君やSH田中君にカウンターを食らう場面も。
京産大は体大にスクラムを押しまくられていました。
あと、試合中キース新コーチが、ラック周辺に寄りすぎるな、や、ラインで1人飛び出したDFをしてる選手に50%50%のDFをするな、など、いろいろ大声でアドバイスされていたのが印象に残りました。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記

2012年04月22日

天理対摂南

<1年生試合>
12対24(前半12対7、後半0対17)で摂南勝利。

摂南のCTB登録で今日はNOGのセコナ・トプイ君が、ハンドオフしたりタックルされても倒れずぐいぐい前進、また、そのあとの他選手へのパスも良かったです。

天理のCTBモセセ君がいた前半は互角、スクラムなどは摂南押し気味でした。

後半、天理のメンバーがモセセ君を始めほとんど入れ替わると、摂南のトプイ君や日本人の67の背番号をつけた選手の突進をなかなか止められず、摂南が逆転勝ちしました。

今年の摂南新留学生は関西Aリーグの他チームにとってはなかなかやっかいな選手になりそうです。

<B戦>
62対7(前半24対7、後半38対0)で天理の勝利。
前半の前半は、摂南が押し込まれながらも、なんとか凌いでいましたが、その後天理大のフラットパスや走りこんでボールをもらうテンポについていけず、次第に点差が開いていきました。

後半出場の天理CTBL中島君が目立ってました。

<A戦>
33対38(前半26対7、後半7対31)で摂南の勝利。
天理の去年の準優勝メンバーのPR芳野君、FLE唄君、CTBLバイフ君、WTBM宮前君、FBN塚本君が出ていた前半は、スクラムは摂南に押されながらもしっかりトライを取り切りリード。

しかし、上記メンバーが交代した後半は、摂南留学生コンスタンチン君の密集の真ん中を割った縦突進や、摂南WTBのスピードにたびたびゲインを切られ、26対14、26対21、26対26と追いつかれ、一度は33対26と突き放すも、その後33対31、33対38と逆転され試合終了。

今季の天理は現時点では前半メンバーと後半のメンバーとではかなり実力差がありそうです。
対戦する方としては、セットプレーや、HB団に好いプレシャーをかけるチャンスが、昨年よりはかなりありそうな気がします。
ただ、CTBLバイフ、WTBM宮前、FB塚本の3選手はやはり強く、きれはありますが。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記

2012年04月15日

関学対京産

春の練習試合、大学同士の関西での初戦を観戦してきました。

試合前、関学マコ―ミックHCと京産大西監督が握手を交わして言葉をかわしていました。
試合は、Aが前半17対7、後半45対0の、62対7。
Bが前半15対0、後半26対0の、41対0で、どちらも関学勝利でした。
(トライの内容、出場メンバーは関学HPに詳しく載っているので省きます)

関学Aは、前後半とも、FWはブレイクダウンで圧倒。再三ターンオーバーしていました。
前半は、ターンオーバーした後の裏に蹴ったキックがインゴールラインを割ったり、余分な反則などで内容ほど得点は伸びませんでしたが、アタック時、1人1人がタックルされても1歩2歩前に進んだり、立って我慢するので、攻撃権を奪われる事が少なかったです。
目についた選手は、CTB春山君、LO徳永君、PRB南君等でした。

京産大は、今年の春はキックも使ってましたが、SO橋倉君(去年のリーグ戦ではWTB)がポジションに慣れていないのか、自分で行くか、パスか迷ってるように見える場面が多かったです。
でも、根本的に負けていたのは、タックルされて自陣側に倒される場面が多かったことです。
自陣側に倒されるので、味方サポートも遅れ、ターンオーバーされるケースが多かったです。

関学は、FBのキックの精度やコンバージョンの精度が、去年までの小樋山君レベルにはまだ達していないような気がします。
でも、BKのパスでの展開の精度がもっと上がってきたら、なかなか手強い気がしました。

今日の京産は元気なかったですね。
モール、スクラム等も押され、ラインアウトも不安定で、この初戦に関しては良い所がなかったですね。
新しい外国人コーチのキース氏が、どう建て直してくるのでしょうか。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記

2012年03月27日

高校近畿大会最終日

24日よりは穏やかな天候でした。

<桂対伏見工(花園第2G)>
開始早々BK展開から桂が先制7対0
伏見もFB奥村君のトライなどで逆転。

前半は7対14。後半になると、ラックサイドを突いたり、モールやリサイクルモール中心に密集近場でゲインを切っていく攻撃中心に伏見が得点を重ね、7対34で試合終了でした。

桂はBKの展開力では伏見にそれほど見劣りしてなかったし、大外を破られるような事はありませんでしたが、スクラムが軽量でかなりの差があったのと、後半モールや縦縦のピックアンドゴウで来られた時の対処が課題のように思えました。


<常翔対天理(花園第2)>
前半20分近くまで一進一退のボールを動かしあう展開で0対0。
そこから、天理がBK展開から今日はFBにっている山之内君が右隅に2本トライを決めて、0対10で前半終了。

後半に入ると常翔がCTBK別府君のトライと、キックチャージからのトライで10対14と逆転。
天理が後半残り時間すくなくなってから15対14と再逆転。
後は残り時間ボールキープしておけばというところの途中で残り時間を勘違いしたのか、もう1プレーでないのにタッチ方向に真横より少し後位に蹴り出してしまいます。
グランド中央位からの常翔の攻撃でしたがゴール前まで攻め込まれポスト正面の所で反則
サヨナラPG17対15で試合終了でした。

常翔桶谷君は過去2戦はHOでの出場でしたが、今日はNOGでの出場でした。
天理も要マークなのか人数掛けて止めていました。
天理前半はタックルがしっかり決まってましたが、後半少し緩くなったような印象でした。
またタッチに切るべき所でノータッチになったのが何本かありました。


<京都成章対御所実(花園第1G)>
今日はバックスタンドのみ開放でした。
準決勝は両チームともモールトライがほとんどで、そういう試合になるかなと戦前は予想してました。
しかし試合が始まるとハイパン等キックはあるものの、結構BK展開もありでした。
そうした中、前半の前半は成章のラインナウトが不安定でボールを失うケースが多く、御所の攻撃機会が多かったです。
大外BK2対1の状況から一旦大外にボールを回しリターンでボールをもらい中央に回り込んでのトライと、モールで攻めつつそのサイドにいいタイミングでボールを回し0対14とリードします。
前半は3対14で終了。

後半になると、逆に御所がラインナウトのボールをほとんど獲れなくなり、成章の攻撃機会が増えていきます。
CTBL末廣君が再三ラインブレイクし、SO清水君のトライで10対14、PGで13対14。
残り10分を切ってついに20対14と成章が逆転に成功。
しかし残り5分を切ったところで、成章ゴール前で御所キープのラックになります。
御所はPRBを軸にリサイクルモールを作ろうとします。それをさせじと成章がつぶす。
何だか去年の花園の対戦のような状況になりました。
28分30秒位で、ついにゴールポストよりほんの少しだけ右寄りでトライで20対19。
かなりイージーな場所でのコンバージョンで、見ている人の誰もが御所の逆転、近畿大会初優勝と思ったと思いますが、まさかのコンバージョン失敗で逆転ならずでした。
普段の練習だったら多分確実に入ってたんだろうと思います。
プレッシャー半端なかったんでしょうね

成章CTBL末廣君AT、DFとも好い選手だな―と思いました。

http://d-support-network.net/highschool.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記

2012年03月20日

高校近畿大会1回戦

東大阪Gでの伏見工対報徳学園、天理対東海大仰星、京都成章対大阪朝高を観戦しました。

<伏見対報徳>
前半は報徳L梶村君、N幡谷君のアタックに対しBKのタックル甘く7対17でリードを許します。
後半は優勢なラインアウト中心に攻撃し、後半は19対7でトータル26対24で辛勝でした。

伏見工で目についた選手
HO江口君(173、104)走力
NOG高橋君(182、87)走力
LOD寺田君(193、99)ラインナウトでの高さ

報徳学園で目についた選手
CTBL梶村君(180、86)アタック時の強さ
CTBK木村君(178、92)アタック時の強さ
FBN幡谷君(170、72)アタック時の強さ

<天理対東海大仰星>
前半最初は仰星押し気味も、ラストパスでミスで獲りきれず、逆に天理が縦長の綺麗なモールから、最後はモールサイドを突いたりで12対5でリード。
後半も17対5、17対12と推移し、勝負所で仰星が天理陣深く攻め込んだところで、天理WTBM山之内君にインターセプトされ24対12、その後仰星LOD近藤君がこの日3本目のトライで24対17と追いすがるも、最後自陣で反則を犯し27対17となり、あと1プレーありましたがそのまま試合終了でした。

天理で目についた選手
CTBL森田君(183、79)精度の高いロングキックが魅力

仰星で目についた選手
LOD近藤君(188、91)ゴール前での強さ、3T

<京都成章対大阪朝高>
前半モールトライ等2トライで10対0。
後半も20対0から20対7と1本返された後は、SOI清水君の3連続PGで29対7で完勝でした。

成章で目についた選手
CTBL末廣君(177、81)強烈なタックル
成章はアタックよりDFタックルの強さが印象に残りました。

http://d-support-network.net/highschool.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記