2013年06月18日

関学 対 京産 (京産G)2013/06/09

A戦とB戦が9日に行われました。

関学は、A戦の前半がA?後半がB?という布陣。
B戦の前半20分までがB?、前半20分以降がC?という感じのメンバーでした。

<A戦の試合経過>
7対0、7対7、12対7、関学リードで前半終了。
後半は12対14、19対14、24対14、24対21、関学勝利で試合終了。

<関学のトライ>
WTBJ中野君のランによるトライ。
敵陣ラックから右に展開し、SO清水君がギャップをつき抜けそのままトライ。
相手キックをSO岡本君(1年、関学高)がカウンター、1人で走りきりトライ。
相手のこぼれ球をBK展開してトライ。計4つ。

<京産のトライ>
敵陣ゴール前BK展開からSO稲田君がギャップを抜きトライ。
相手反則タッチラインアウトモールからトライ。
5メートルスクラムから1パスサイドをついてトライ。計3つ。

<感想>
関学はメンバーやポジションが未だ試行錯誤中のようです。
特にBKが、SH、SOが2試合3通りのメンバーとも1年生コンビなどに見られるように。
その中では、京都成章出身の清水君が切れのあるランなど3人の中では1番Aチームに近そうな感じです。
今日の試合は攻撃時のノットリリースなどボールキャリアーが孤立する反則が多発、テンポも出ずでした。
京産は、FL李君のボールに対する絡みなど、1年生ながら秋冬の公式戦もAチームの主力になりそうです。

B戦は前半14対19、後半12対21、トータル26対40で、京産B春練習試合主だったチーム相手に初勝利でした。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69637576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック