2012年06月24日

関西学院大対関東学院大

伊那の招待試合で同志社と2点差だった関東学院と、春シーズン好調、でも先週Bリーグの関大にまさかの不覚をとった関学との試合を観戦してきました。

グランドでマネージャーさんにメンバー表を頂くと両チームとも4人か5人ぐらいメンバーやポジションが変わっているようでした。

<試合展開>
前半は、地域やボール支配率は関東が多い印象でした。
でも、関東は、敵陣に入ってもテンポ良くは出せないので、ラックサイドをFWでしつこくついていました。
しかし、関学もそれほどさしこまれず、しかしターンオーバーまではなかなか出来ないような展開でした。

関学自陣で反則でラインアウトモール、コラプシングまたラインアウトモール、モールの横入り?でラインアウトモールという場面が続ききましたが、3度目のラインアウトモールを関学が反則なしで凌ぎ切りました。

前半唯一の得点は、関東が敵陣少し入った所のバックス展開でパスミスだったと思うのですが、それを関学選手が拾い、トライまで持っていったものでした。
ということで前半は5対0の関学リードで終了。

後半は、関学が自陣のスクラムなどで反則をとられ、関東が敵陣深く入った所でラインアウトモールを組む展開になり、そのパターンで2連続トライで5対10と関東が逆転。

しかし、関学も関東の反則から敵陣深く入り、ラックサイドを差し込んでいき12対10と再逆転。

そのあとも、関東の自陣からセンターライン少し入った所ぐらいのタッチに逃げるキックを、関学がクイックで入れ、BK展開し最後はWTBM松延君が関東タックラーを1人かわし17対10とリードを拡げました。

それから関東の必死の反撃に、チームとしてコーション(警告)といわれるような反則を犯す場面もありましたが、なんとか凌ぎ、そのまま試合終了でした。

<関学の印象>
攻撃では、BKはそれほど複雑な攻撃はせず、DFから切り返し順目にパスし最後はエースWTBM松延君に、といった感じでした。
FWは過去観戦した試合と同様、圧力が強い感じです。
全体的なイメージとしては、関西リーグで初優勝した時のチームに似ているような感じがしています。

関学側の攻撃で、関東にトライをとられた後のキックオフの場面で、2回とも人数の多い方に蹴らず、人数の少ない方に、背の高いWTBM松延君に合わせるようなキックを試みていました。
キックオフ後の攻撃のオプションとして使う可能性があるみたいですが、この試合では、関東WTBJがなんとか完全には取らせずに、効果的とまではなっていませんでしたが・・・

あと、今日の試合も、以前見た対京産大戦、対大体大戦なども、勝利しているが反則数は相手より多く10を超えているなど、そういう所は疑問符を感じるチームです。
最後の反則も故意だし、その後のペナルティのタッチをタッチラインを跨いで取ったあとクイックで入れようとするなど、非紳士的行為がありました。

<関東学院の印象>
後半のテンポが出ている時間帯に、去年の国立での天理戦の後半出だしのように、しつこくショートサイド(BKで行くときも)を突いていました。

関東学院の春口部長にグランドの出入り口で会って声をかけたら、まだまだですけど、これでも春の初めよりはだいぶましになったんですよとおっしゃってました。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56693490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック