2012年05月13日

関西学院対青山学院

13日、関学Gへ観戦に行ってきました
日差しが暑く感じられ、ウオーターブレイクも何度かとられた試合でした。
青学は、下位とはいえ関東対抗戦A所属という事で、関学との接戦を期待しましたが・・・・

前半27対5、後半35対0のトータル62対5で関学の圧勝でした。
(トライの内容は関学HPに載っているので省略します)

関学のトライは、BK6本、FW4本とバランス良くとれ、1失トライはゴール前ラインアウトモールによるものでした。
関学の攻撃は、青学DFが甘いのか、BKの1次攻撃でそのままトライ、また、ゴール前ラックサイドを2度3度ついても取れる状態でした。

前半は決定的場面でノックオンやトライ後のコンバージョンが5本中1本のみ成功で、内容ほど点差は開きませんでしたが、敵陣でのDF時に、時折BKで抜かれる事はあるものの、そこからゴールラインまでの相手攻撃が停滞してピンチを凌ぐという感じでした。
そのピンチも数は少なかったです。

DFのシステムはどうか解りませんが、タックル時相手の芯に入れているタックルが京産戦同様多かった印象です。
接点でのターンオーバーも数えていませんが、5回か6回あったような印象です。
アタック時は、タックルされてから結構ドライブ出来ていたような気がします。

今後、U20のメンバーで、去年AチームのLO、NOG徳永君、HO、PR金(寛)君なども入ってくると思うので、FWもなかなか強敵になるかも。
しかし、青学はラグビー強豪校出身者多数いるように思うのですが・・・

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記