2012年04月29日

京産対大体

<得点経過>
7対0、7対7、7対14、7対21前半終了。
14対21、14対28、21対28、26対28、26対33、26対40で大体大勝利で試合終了。

<トライの内訳>
京産
WTBMからFB山下楽平君、WTBJ増田君と渡ってのトライ。
体大のキックをキャッチしたFB山下君のカウンターのランでハーフウェイからインゴールまで1人で走りきってのトライ。
22m内のラックサイドをFW?が突いてのトライ。
22mライン位からモールを押し込んでのトライ、4本。

大阪体育大
BK展開でCTBK?のトライ。
BK展開でWTBMのトライ。
ラックサイドをFWで2度3度突いてのトライ。
5mライン付近京産ボールスクラムを押し込んでのトライ。
22mライン付近からのラインアウトモールでのトライ。
10メートルライン中央位をLOD?がぶち抜き、そのまま縦に走りきってのトライ、6本。

<試合の感想>
FW、BK共1人1人の強さは完全に体大が上。
でも、前に出てつなぐ間にパスが受ける選手の後ろへのパスになったりと、当たりの優勢を活かしきれてませんでした。
また、体大のキックが甘く、京産FB山下楽平君やSH田中君にカウンターを食らう場面も。
京産大は体大にスクラムを押しまくられていました。
あと、試合中キース新コーチが、ラック周辺に寄りすぎるな、や、ラインで1人飛び出したDFをしてる選手に50%50%のDFをするな、など、いろいろ大声でアドバイスされていたのが印象に残りました。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 00:00| 観戦記