2011年10月16日

関学対摂南

得点経過
7対0、14対0、21対0前半終了。
21対7、28対7、35対7、42対7、49対7、49対14、54対14、61対14試合終了。
関学FWと摂南FWではスクラムに差がありすぎで、コラプシングや相手ボールスクラムを押してのターンオーバーなど。
関学BKのライン攻撃に対して、後半の途中まではある程度は摂南DFが対応していました。
しかし、後半の28対7より後は関学が自陣から順目に回してM松延君のあたりで抜けるようになり、その後はBK、FWともトライを重ねました。

開始2分か3分で摂南L松岡君、関学SOI土本君が正面衝突?で二人とも退場。

関学FB小樋山君のゴールキックは相変わらず正確で、9本中8本成功。
失敗の1本もポストに当たってはねかえったものでした。

春の対戦時とはPR@、HO、LO1人、FLあとNoG小原君がFLに、NoGに1年の徳永君を入れてるなどある程度変わっています
BKもCTB久保、新里が春山、吉原に変わっています
FWは春より力強くなってる印象、BKはそんなに変わらずといった印象でした。
ノットリリースの反則も結構とられてました。

http://d-support-network.net/college.html


posted by DSN at 00:00| 観戦記