2011年10月16日

立命館対大阪体育大

得点経過
0対0体大PG失敗、7対0、7対7、7対14、前半終了7対21、14対28、14対35、19対35、24対35試合終了

立命トライの内訳
ゴール前ラックサイドねじこんでFトライ。
敵陣で2次3次ラック後大外トライ。
?Lトライ。
敵陣深くのセットプレイからSO?CTB?21がラインブレイクそのままポストそばにトライ。

大阪体育トライの内訳
相手ノッコンを拾ってFWが縦を突いたのちBK大外一人余りトライ。
敵陣でラックサイドを2,3回突いたのち相手DFが寄って来た所を大外のJに飛ばしパストライ。
インターセプトトライ。
大外トライ。
自陣からオーバーラップ最後にパスを受けたMがうまく中に切れ込みつなぎ最後21がトライ。

前半は立命が押し込みぎみ。
7対0の後、ゴールポスト正面のPGねらえば3点は追加できる所をタッチを狙うもノータッチで、結果追加点を逃したあたりから流れが変わったように見えました。
ボール保持率は立命の方が高いように思いましたが、要所要所で相手のミスをきっちりスコアした体大の勝利となりました。

立命FLF片岡君ボールを持った時結構ゲインしてました。
立命BKではJ木村君、N山中君は強引に突破をはかってくるタイプのように見えました。

http://d-support-network.net/college.html


posted by DSN at 00:00| 観戦記