2011年04月30日

京産対天理

京産は過去3戦FBで出場の山下楽平君が怪我?で欠場。
対する天理はハベアとバイフの両CTBを温存、立川君がCTBKで出場。

前後半とも天理が圧倒して87対0(40対0、47対0)でした。
京産のキック、モール封印が天理にとってディフェンスしやすかったんでしょうか。

立川とNOG山路は別格でした。
京産は立川君のステップ、パスに翻弄され、山路君に弾かれてました。

もらったメンバー表や体つきを見て、大きくなってる気がしたので、帰ってから去年のメンバー表の体重と比較すると、どの選手も5kから10kウェイトがUPしていました。

天理は国立もあるような気がします。
今日の試合は近年の関東対関西のチームの対戦を見てるようでした
posted by DSN at 00:00| 観戦記