2015年06月20日

立命 対 天理(立命BKC)2015/5/31

■結果
立命12(2T)−天理22(4T)
前半7−17、後半5−5

隊長〜、レポートが遅うなってすんまへん。
前週の西京極で立命は同志社に圧倒されたそうで、その立命に天理はどうなん?を見とうて、シグさんに便乗させてもろて草津へ行ってきました。

開始早々に天理がトライで先行。立命の取られ方も悪かったんで、「こら、天理のトライラッシュかな」と思いました。

そこから10分ほどは立命陣内の攻防。速いブレイクダウンを仕掛ける天理に対して、立命は粘りのディフェンスで対抗、自陣脱出に成功した立命が天理の反則も手伝って天理ゴール前へ、その1チャンスで立命FWがトライしました。前半はそれから20分ほど膠着状態が続いた後、天理が2トライを上げてのリードです。

途中、ふじねこはんに「先週の立命ってこんなんでしたん?」と質問したら、「全然違うにゃ〜」と言うたはりました。「別猫みたい」とも言うたはったかな。

後半は延々と膠着状態。先に取った方が勝ちそうな流れで、後半の後半に立命が先にトライ。残り時間の1トライ差の攻防は見応え大有りでした。絵に描いたような立命サヨナラトライ&ゴールの図やったところを、最後の最後は天理が突き放しました。

天理は前後半ほぼほぼの総入れ替えで、立命の入替えは通常パターン。
スピードとスキルが生命線の天理ブレイクダウンやけど、全国に打って出るには強さが物足りんかも知れん。ただし、爆発的な個人技を活かせる形ができれば楽しみかも。フィットネスは春にして既にええ感じ。最後突き放したトライはさすがやし、特にディフェンスに活きてるように思う。
立命は現状、ディフェンスからのチームやね。スピードもフィットネスも天理に対抗できたし、何より粘りが出たのがよかった。両チームとも、がんばれ、がんばれやで。

ところで、ふじねこさんはこんな人ね。

試合動画はこちらでどうぞ。
「天理−立命」か「立命−天理」をクリックね。
posted by DSN at 10:19| 観戦記