2014年11月10日

摂南 対 天理、 近大 対 大体(花園U)2014/11/08

<摂南 対 天理>
天理は春の近大戦の様なラインでした。(http://kansenki.sblo.jp/article/100554539.html
ブレイクし、その後のフォローも湧いて出て出てくるような攻撃はほとんど見られませんでした。
モールで取れるのと、スクラムが前半の後半あたりから完全優位になっていました。
最終得点が大差になっていますが、それは摂南が天理にスクラムが押され、摂南No.8のトプイがシンビンになり7人スクラムで認定トライをとられて以降です。
天理は次節近大とですが、スクラムが互角ならいい勝負になるかもしれません。

<近大 対 大体>
近大はBK,FWバランスのとれた攻撃をしてました。
体大のトライはモールがらみと相手ミスボールをハーフウェイ位から蹴り返し先着した近大選手が押さえ損なったのを後続の体大選手が押さえたもの。
近大が後半途中で12点差をつけましたものの、去年今年と勝ってなかったせいか守りに入り、終了間際に追いつかれましたが、最後はリモールでサヨナラトライでした。

http://d-support-network.net/college.html
posted by DSN at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105454929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック