2014年06月26日

京産 対 摂南(京産G)2014/06/01

<得点経過>
5対0、12対0、19対0、19対7、19対12、19対17で前半終了。
26対17、26対24、33対24、38対24、45対24、45対29、45対36で試合終了でした。

<試合の感想>
前半の前半は、摂南DFが京産のFW・BKの運動量に遅れ気味、待ち気味で差し込まれ3連続失トライでした。
摂南留学生はFWに2人でしたが、前半の前半は京産DFがダブルタックルなどで止めていました。
しかし、前半の後半になると、摂南留学生のアタックにタックルが振りほどかれるようになり、スコアが縮まりました。
その時間帯は摂南DFが前に出て、京産のBK展開のパスが結構乱れてました。

後半は、最初は取って取られてでしたが、スクラム、ラインアウトモールで優位にたつ京産が突き放し逃げ切った感じでした。

<京産>
WTBM森田君の変則ステップでチャンスメイクしてました。
FWは摂南よりは運動量で勝ってました。

<摂南>
FWのFLFラウタイミ君、NOGトプイ君が起点のアタック。
セットプレーが安定すれば怖さあるかも。
あと、WTBJ橋本君。この試合では1対1で相手を振りほどきトライをとるなど強さを見せてました。
1年生CTBにジョネ君というスピードと強さがある留学生が新しく加入しているので、上級生の留学生との交代出場も公式戦ではあると思います。

posted by DSN at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100522449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック