2014年06月26日

関学 対 京産(京産G)2014/04/13

日曜日に京産大神山Gに行って来ました。

関学はPR金寛泰君、NOG徳永君が給水係、WTBJ金尚浩君がスコア係で試合不出場でした。

試合経過は、関学HPの試合情報、プレーヤーズブログに詳しく載っています。

試合の感想は、前半は1対1のコンタクト力でほぼ互角。
ただ関学側が攻撃ではゲートのオフサイド、倒れこみなど、守備でも反則が多く、その結果京産のゴール前ラインアウトからのモールで2トライ喫して5対10の折り返しでした。

後半になると、開始から関学のアタックに京産のDFが1対1で差し込まれる、あるいははじかれる、かわされるようになり、関学が攻撃時反則でボール保持を失う事がなくなり、DFでもラックで立って超えてターンオーバーするようになり、結局大差がつきました。

最終スコアは45対17でした。

京産大はWTBJで高校日本代表の坂本君(御所実)を起用してましたが、今日に関してはあまり見せ場はありませんでした。

そうそう、クリスさんが京産大コーチに復帰されてるようでした。
DFでは反則の少ない規律のあるDFをしているようにみえました。(京産反則9関学反則16)

posted by DSN at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100521552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック